Just another WordPress site

本サイトにおける無敵の主人公

ようこそ「無敵なるカリスマ達の実録」までお越しいただき、厚くお礼申し上げます。

 

カリスマ継承漢がおススメする強大無双の主人公達とは、ザッと以下の通りです。

 

⇒北斗神拳第64代目伝承者・ケンシロウによる宿命の闘い

 

⇒ヘヴィ・メタル文化の開拓者「アイアンメイデン」による最高傑作

 

その他訪問者さん達におすすめしたいネタは多種多様です!!

新着記事

   ディープパープルと言っちゃあハードロックの元祖として全世界的に半世紀を超えて愛され続けて来た、ファン達の間では今更説明不要なグループです。    そして言うまでもなくディープパープルの ・・・[続きを読む]
   今回はラウドネスという、我が国のヘヴィメタル文化発明家としての誇り高き最高傑作から、そのカッコ良さを極めた生き様を今改めて振り返っていくとします。    このラウドネスとは元々躍進的な ・・・[続きを読む]
今回はアイアンメイデン最高傑作でも、他の最高傑作達にはないような、出し抜き且つ特有の世界観を演出した超大作をドドーン!!   と劇熱に紹介していきます。   今更ですが、アイアンメイデン最高 ・・・[続きを読む]
 今回はまたアイアンメイデンのメンバー達の年齢という視点にも着目しつつ、ヘヴィメタル文化の先導者として数十年に渡り牽引してきたそれぞれの世代において如何なる真価を発揮し続けてきたか、を見直し ・・・[続きを読む]
 今回はアイアンメイデンによる最高傑作の聴きどころやカッコ良さをだた単にピックアップして紹介していくのみでなく、またまた新たに発見できたことを、より一層激熱に語っていきます。    ここで初 ・・・[続きを読む]
    今回はアイアンメイデンなる音楽界の重鎮による歴史的最高傑作「頭脳改革」における、本質的な魅力に関して、ザクッと熱く語っていきます。   今更ですが、このアイアンメイデンもまた本サイト ・・・[続きを読む]
  今回はレッドツェッペリンという、世界的な音楽文化の先駆者的存在による最高傑作について、熱く語っていくとします。   歴代のレッドツェッペリンにおける最高傑作達を語るに当たっては、今更なが ・・・[続きを読む]
   今回は「北斗の拳」関連の話題ですが、これまで登場してきた人物達の中でもショウキという、よく知られがちな例えば南斗六聖拳の戦士達等とはまたまた異なった役柄と、資質の持主の生き様を紹介して ・・・[続きを読む]
 今回はアイアンメイデンというロック界における重鎮が生み出してくれた最高傑作達について、リズム隊という視点から、熱く語っていくとします。    おさらいではありますが、元々アイアンメイデンと ・・・[続きを読む]
  今回は「北斗の拳」関連の話題を展開していきたいのですが、その本題としてはズバリ!!  凄絶を極めた乱世の生き残り方、というべきものです。   言うまでもなく、「北斗の拳」とは古今東西にお ・・・[続きを読む]
 今回はレインボーという元ディープパープルのギタリスト・リッチー・ブラックモアが結成したプロジェクトより、一大最高傑作として私なりに厳選し尽くしたアルバムを、絶賛紹介していくことにします。 ・・・[続きを読む]
   今回はこれぞ「北斗の拳」において真なるクライマックスを飾ったとして語られるべき、カイオウとヒョウという、北斗琉拳の二大巨頭による役どころを、各々改めて見直していこうと思います。   こ ・・・[続きを読む]
  今回は「北斗の拳」においては改めまして修羅の国における、修羅を食らう羅刹との異名を持ち続けた、孤高の拳士で北斗琉拳の使い手であったシャチに関する話題です。   それも実のところは、このシ ・・・[続きを読む]
   今回は「北斗の拳」新章に関する話題を紹介していきます。    それも元々生き残り自体が狭き門であった修羅の国にてナンバー2まで登り詰めた、カイオウと同じ北斗琉拳の持主・ヒョウに関するも ・・・[続きを読む]
 これまでのラウドネス関連の記事としましては、ギターの高崎晃氏にヴォーカルの二井原実氏、そしてドラマーのあんぱんこと鈴木政行らについて、各々語り続けて来ました。   それが今回としましては、 ・・・[続きを読む]
]  アイアンメイデンは無敵中の無敵なるカリスマ的存在として全世界的にその地位を絶大なるものとし、今なお頂点に君臨し続けて止むことがありません。   今回はその歴史上において是非とも不可欠で ・・・[続きを読む]
  今回はまたまたレッドツェッペリンネタですがそれも実は1985年に開催された、世界の著名アーティスト達による企画「ライブエイド」に出演していた、というお話しをしていきます。   これは私自 ・・・[続きを読む]
  今回はレッドツェッペリンなる無敵のカリスマによる、歴代最高傑作達を改めて紹介させていただきます。   今までのおさらいにはなりますが、レッドツェッペリンとは既にデビューして以来半世紀以上 ・・・[続きを読む]
  アイアンメイデンなる英国が孤高のブリティッシュ・ドリーム実現者として全世界に誇るべく漢達による最高傑作はピンキリ以外の何物でもありません。   よってそれ故に、愛好家達が未だに選択に迷う ・・・[続きを読む]
  今回もレインボーというバンドグループに関して、前にも触れたことのある「三頭政治」に焦点を置いた話題を提供していきます。    という事で、まずは三頭政治とは、何を意味していたか。     ・・・[続きを読む]
 今回はレインボーという元々ディープパープルのギタリストとして名を馳せていた、リッチーブラックモアを中心に結成されたロックグループの話題です。   中でもこのレインボーによる最高傑作として厳 ・・・[続きを読む]
   今回はレッドツェッペリン関連の話題でも、特にその歴史的な背景及びおおまかな全体像というものを改めて認識する、という狙いをもとに、ベストアルバムという視点に立って、語っていくとします。 ・・・[続きを読む]
 「北斗の拳」修羅の国編にて、ケンシロウはゆくゆくカイオウと最後の宿命対決へと突入していくその道中でまた、戦友というべき存在と巡り合ってきました。   今回はその重要な一名として、海賊をして ・・・[続きを読む]
 今回は「北斗の拳」の物語が正式に最後のクライマックスを迎えたのが、実はカイオウとの宿命の決着場面であった、という話題を紹介していきます。   これは私達の世代における愛好家達の間でもよくあ ・・・[続きを読む]
   今回もまたまたレッドツェッペリンに関する話題として、以前のような黄金期を支えて来てくれた代表曲達とは異なり、レッドツェッペリンが一つの時代の歴史に幕を下ろした節目について、語っていきま ・・・[続きを読む]
   今回はアイアンメイデンの話題の中でもそのマスコットキャラとして愛され続けてきた、エディという存在に関する紹介をしていこうと思います。   まあ、愛好家達にとっては、言わずと知れた存在か ・・・[続きを読む]
  2020年4月14日については、元ディープパープルのギタリストで中心的人物であったリッチー・ブラックモア(1945年4月14日生)の75歳、と併せて実は私カリスマ継承漢の45歳の誕生日で ・・・[続きを読む]
 気が付けば、ラウドネスの二井原実氏もまた、2020年は3月12日に生誕60周年という、記念すべき日を迎えました!!    今更ではありますが、ラウドネスとは70年代の我が国における、いわゆ ・・・[続きを読む]
  今回もまたまたアイアンメイデンなる最強ならぬ無敵のカリスマによる、最高傑作についての話題です!!   なぜこうして何度も何度もしつこく、アイアンメイデンならそればかりを繰り返すのか?   ・・・[続きを読む]
   アイアンメイデンの2020年5月に予定されていた来日公演中止が正式に決定したあの当時を振り返ってみると、改めて彼らが表紙を飾ってくれていた音楽専門誌「BUBBN!」でのインタビューに、 ・・・[続きを読む]
  今回はレッドツェッペリンの中でも時期的そして音楽的にも洗練され、成熟へ結びついたとも称すべく通算7枚目のアルバム「プレゼンス」(1976年発表)及びそこから厳選した名曲を、紹介していきま ・・・[続きを読む]
   待ちに待ったアイアンメイデンの来日ツアー2020が2ケ月後の5月に行われる、そんな時点にまでやって来たあの時、ふと頭を過ったことがあります。    ここでは、アイアンメイデンの2020 ・・・[続きを読む]
 今回はレッドツェッペリンに関する話題を本サイトに置けるアイアンメイデンのような、大黒柱的存在として紹介していこうと思います。   レッドツェッペリンと言えば、愛好家達にとっては最高傑作とし ・・・[続きを読む]
   今回はアイアンメイデンによる歴代最高傑作達の中でも、特に邦題というところにフォーカスしていくことにより、アイアンメイデンなりの無敵なるカリスマとしての真価が如何なるものか。   みたい ・・・[続きを読む]
  引き続き、アイアンメイデン関連の最高傑作を展開していくのですが、今回としましてはいかにしてアイアンメイデンが、あの90年代の非情なまでの変化の荒波を乗り切ってきたか、に関しても語ろうと思 ・・・[続きを読む]
   アイアンメイデンと言えば、世界的な音楽文化における発明家として長きに渡り、頂点を譲ることなく君臨し続けて来ました。   実はそのアイアンメイデンによる最高傑作としての一曲の中には、「サ ・・・[続きを読む]
  デーモン閣下ことデーモン小暮氏は今やアーティストとしてのみならず、人間社会に於いては知る人ぞ知る御意見番として、様々な分野において貴重な御意見をマスコミにて発信してくれております。    ・・・[続きを読む]
   今回は久々に「北斗の拳」関連の話題を展開していこうと思うのですが、それもケンシロウやユリア達を守るために自らが放射能を浴びて犠牲となった次兄のトキに関する話題です。  この日をきっかけ ・・・[続きを読む]
    今回はラウドネスなる無敵のカリスマこそもまた、人類社会における危機からただ単に守ってくれるだけでなく、直面する危機から憂鬱というものからも解放してくれるべきものだというお話しをしてい ・・・[続きを読む]
  今回もまたまた、アイアンメイデンによる最高傑作の中でもヘヴィ・メタル文化史上において絶対不可欠な通算第4作目のアルバム「頭脳改革」(1983年)を紹介していこうと思います。   2020 ・・・[続きを読む]
  北朝鮮は言わずと知れたキムジョンウン代表が先日、重体に陥り健康的にも予断を許さないであろう状況だというニュースが飛び込んできました。   流石に話題が話題なだけあって、この度の重体説に関 ・・・[続きを読む]
  この度はラウドネスもまたアイアンメイデンの来日公演中止に引き続き、来る5月の全国ツアーを延期する意思を表明しました。   いかに政府の非常事態前言明けのスケジュールだったとは言えど、「延 ・・・[続きを読む]
 アイアンメイデンの来日公演予定も気が付けば来月にと迫っていて、これについても例外なく決行か中止かの瀬戸際での選択を迫られてきました。   したがって、いよいよこの件に対する正式発表がなされ ・・・[続きを読む]
  愛知県は蒲郡市の57歳のある男性がコロナウイルス感染により死亡したという情報については、既にご存知の方も多いかとは思います。   この男性は3月初めににコロナウイルス感染が確認されてから ・・・[続きを読む]
  今回としてはアイアンメイデンがかつて40歳代を始めとした、いわゆる現役中心世代においては、いかなる役割を果たしてくれていたのか。   ここについて改めて、その年代に当たる時期におけるアイ ・・・[続きを読む]
  ラウドネスのシンガー・二井原実氏も遂に2020年の時点においては、還暦という一大節目を迎えるに至りました。   無論私だけでなく、メディアを見て見ても、この二井原実氏という、無敵なるカリ ・・・[続きを読む]
  アイアンメイデンの最高傑作もまた言うに及ばす、我々人類が過去において度重なる危機を乗り越えてきた、その記憶を風化させず、未来への教訓としていくためにも、不可欠な存在であります。   もっ ・・・[続きを読む]
 今回はアイアンメイデンが被災地支援事業の一環として、2019年のその震災発生日より数年を迎えた時期に、福島のある酒造会社と提携したオリジナルの新ブランドビールを開発したという話題について、 ・・・[続きを読む]
   ラウドネス関連の話題も不可欠な存在として、今回は故・樋口宗孝氏の後継者としてドラマ―を務めているあんぱんこと鈴木政行氏の昨今の動きについても是非とも目を離せないところと強く感じ、投稿さ ・・・[続きを読む]
 今回はラウドネスと言えばズバリ!! 創立メンバーと併せて、日本のロックシンガーとしての先駆者的存在でもある二井原実氏についても、語らざるを得ません!!  何せいわゆるハードロックの「創成期 ・・・[続きを読む]
無敵の物語は、こちらより体感いただけます!

「北斗の拳」に代表される無敵の最高傑作を体感する方法です。

 

美しきまでの漢達による闘い物語の宝庫です。

 

詳しくはこちらより⇩

 

カリスマ継承漢厳選の音の世界の楽しみ方

ヘヴィメタル文化の変革者アイアンメイデン。

全世界を舞台に我が国のロックの先駆者として、誇り高き闘いを生き抜いたラウドネス

時代に厳選されてきた強者達の音の世界の楽しみ方も紹介します。

詳しくはこちらより⇩

私カリスマ継承漢について

ここで、私カリスマ継承漢が何ものであるか、ごく簡単にそのプロフィールを紹介させて頂きます。

 

こんにちは、カリスマ継承漢です。

まずは、私自身の経歴等の個人的な情報については、下記の通りです。

 

 

名前 : カリスマ継承漢

性別 : 男

生まれた年 : 1975年

 

前職 : 某コンビニフランチャイズチェーン店の経営主(15年)

 

 

影響を受けた、無敵の歴史的なカリスマ的お手本達

 

テレビアニメ

・「北斗の拳」及び「北斗の拳・2」

音楽

ラウドネス

アイアン・メイデン

まあ、数ある私にとっての歴史的に残るべく、無敵なるカリスマ的存在を絞り込むと、上記のような型になります。

 

 

という事で、ここでは私自身が「北斗の拳」を始めとする無敵のカリスマ達を語るに当たってまず1つ、

 

 

言うまでもなくこれらを始めとした存在が、私にとっての決定的な強みになってくれている

 

だからこそここまで投稿を継続でき、今後ともよりさらに高い無敵の存在価値を見出しつつ提供していこう、みたいな志が消えることはありません。

やれ無敵だ、無敵だと、偉そうに繰り返しているとは思いますが、仮にも私自身にとってのカリスマ的存在の最高峰を語り、

 

 

世の人達が苦悩に縛られずに道を開拓していけるための新発見を、たとえ少しでも生み出していく

 

 

というところこそが、私カリスマ継承漢なりの姿勢とするところです。

 

 

どの視点から見ても、現代社会は詰んでいる、と声高に言われており、勿論私自身がいくらここで発言したとしても、すぐに世直しを現実化することは不可能です。

ただし、だからと言って何も行動を起こさなくては、いつまでたっても道は開けず、苦悩に縛られたままの生涯で終わってしまいます。

それもまずは私自身が、先人としての究極の存在を語る立場にあっては、

 

本サイトの訪問者さん達一人一人のために、揺ぎ無く挑戦をし続ける

言いまとめるなら、「北斗の拳」「アイアンメイデン」という無敵のカリスマの語り部であることを通じて、私自身としてもまずは何より、繰り返しになるようですが、

 

このカリスマ継承漢自身が、「北斗の拳」「アイアンメイデン」始めとした、先人達による無敵なる歴史物語を語るに相応しい存在として、どうあるべきで、どの様に行動すべきか

 

という課題に対する学びというものもまた、一つ一つ着実に得ていく姿勢にて、本サイト「無敵なるカリスマ達の実録」を営んでまいります。

長々とお話しさせていただきましたが、私としては言うまでもなく、情報発信をすればそれでよし、等とは思ってはおりません。

 

少しでも多くの人達に対して、以上のようなカリスマ継承漢なりの魂が届けば、という風に思っております。

 

⇒私カリスマ継承漢は、こちらのサイトも運営しております。

 

⇒Twitter「カリスマ継承漢」は、こちらです♪

 

⇒メルマガもこちらから登録できます♪

 

⇒YouTubeもご視聴いただけます。